学生時代は専攻がイングリッシュ英国米国文学科だったこともあり、イングリッシュの勉強に夢中になっていました。

学生時代は専攻が英語英国アメリカ合衆国文学科だったこともあり、英語の勉強に夢中になっていました。
学業も、無論、英語の勉強はあるのですが、わたしは洋楽がマニアだった事もあり、Musicに関連した他国SNSにおいて英会話を通じていたのです。
英会話といっても文章での話ですけれどもね。
そのSNSはマイ余り、というSNSだ。
今ではソーシャルネットワーキングサービスの方が有名になってしまったので並べる個々は、いまひとついないかもしれません。
色んな作家や外人の自身って繋がって、相談するのは、正に面白くオリジナルでした。
最も、彼女のいなかったわたしは密かに素敵な外国のお客に惹かれたりしましたよ。
とりどりお伝えしたくて、英語で言伝を交換することが多くなりました。
だからこそ今では英語を上手に喋れるようになったのでしょうね。

色んなナショナリズムに、お友達が出来るによって、他の会話に興味が湧くともなりました。
英語以外の会話を使うといった、また仲間が喜んでくれる。
それが私も嬉しくて、楽しかった事を覚えています。恋活アプリ