学生時代に没頭になった事は、リーディングだ。

学生時代に傾注になった事は、本読みだ。

誌を読んでる時は、色々な妄想にふけることができ、日本にいながら外国お出かけに行った内面になれたり…はたまた冒険や探偵の様に事を考えることができたりってとても楽しかっただ。

また、誌にて様々なコピーを解ることが行なえ、語彙能力が増えたのは嬉しかった誤算だ。

日本のミュージシャンだけでなく海外のミュージシャンの方が書かれた誌は、道徳心や事の捉え方が格差…大きい展望を身につけるのに非常に役に立ちました。

学生時代、そばが少なかったあたしは…唯一内を許せるのは、誌でした。

誌はそんなにあたしを裏切りません。絶えず掴む度に新鮮な心地を加え、不可思議や拡大、熱血を与えて頂ける。

その度に、自分自身も成長して行く様な心地があり…最初は暇つぶしに始めた本読みでしたが、だんだんのめり込む様になりました。

そのお陰で、あたしはブレイクタイムになると絶えず図書館に通っては好きな誌を読み耽る様になっていました。

結果として、執筆が不得意だったのが上達し、簡単な書籍を書き上げることができる様になっていました。

これは、身辺本読みを積み重ねた商品です。http://blog.goo.ne.jp/bluemoonjapan0429