学生時代に奴隷になった事は、本読みだ。

学生時代に集中になった事は、リーディングだ。

書物を読んでる時は、色々な妄想にふけることができ、日本にいながら国外見物に行った一筋になれたり…はたまた冒険や探偵の様に事業を考えることができたりって極めて楽しかっただ。

また、書物を通じて様々な反映をわかることができ、単語思いが増えたのは嬉しかった誤算だ。

日本のアーティストだけでなく海外のアーティストの方が書かれた書物は、徳義心や事業の捉え方が高低…大きい視界を身につけるのに非常に役に立ちました。

学生時代、近隣が少なかったわたくしは…唯一内面を許せるのは、書物でした。

書物は決してわたくしを裏切りません。常によむ度に新鮮な印象を加え、びっくりや拡大、驚嘆を与えて頂ける。

その度に、自分自身も成長して行く様な印象があり…最初は暇つぶしに始めたリーディングでしたが、だんだんのめり込む様になりました。

そのお陰で、わたくしはブレイクタイムになると常に図書館に通っては好きな書物を読み耽る様になっていました。

結果として、文が嫌悪だったのが上達し、簡単な図書を書き上げることができる様になっていました。

これは、四六時中リーディングを積み重ねたお蔭です。スリムビューティハウス