キャンパスに入り、望みかなってついに一人暮しになりましたが、空間が僅かといった気づきました。

カレッジに入り、念願かなって初めて単身になりましたが、自由になるお金が僅かという気づきました。
それからは、どうして旨い食物を組み立てるか、節約するかに夢中になり、食物の読み物を買ったり、書屋で借りたりしました。食物の最初も研究したくなり、材料や調理の最初を教えてくれるような公式も借りてすこしずつ作ってみたり、中華食物をマスターするといった決め、中華食物を紹介している公式の通りにうだうだ作ってみたりもしました。面白いことに、単身では決めるから買ったほうが有利とわかりながら、マスターしたくってシュウマイや中華ちまきなどまさか凝った食物をしているときに限って、突然の友人の往訪を受けました。偶発とはいえ、あれこれ凄い第六感をしているなあと驚きことを覚えています。無論、何とか作ったものは所詮一種くらいしかわたしの口に入らず、はからずもなあ、再度食べたかったなあと思った事象も・・・。
食物読み物のクリスマス号は最も華やかな食物ばかりで、今でもそれぞれやファミリーに食物でもてなすときに役に立っています。http://david-friedman.com/